親身な先生

めちゃめちゃ感動してしまった。
3回泣いた。

泣いた箇所は
親身に聞いてくれる先生に出会ったところ
試験で97位をとったときのお母様の反応
働くとは「傍(はた)を楽(らく)にすること」

たまに友利先生のyoutubeを見るけど、こんな思いがあったのかと知ることができました。

私は今までに病院で2回、絶望を感じたことがあります。
生死を分けるほどのことではないし、人によっては対したことではないけれど。
私にとっては手探りで治る方法を探している最中だったので、まだゼロに戻る絶望でした。

友利先生も、大学病院にいたときは、教科書にのっていない症例をたくさん見てきたと言っている。
最近読んだ「差し出し方の教室」という本にも「本来、病の種類は人の数だけ存在します」とあった。

私がなった病気に名前はついてるけどぜんぜん良くならなず、先生が逆に困る状態。
今お世話になっている先生は、力を尽くしてくれているのだろうか、知識をアップデートしているのか、とかいろいろ考えてしまいました。

でもこれは、お医者さんだけに限らずの話ですよね。
どんな分野でも、同じようにしていかなくてはならないなぁと思いました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次